スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. posted by anothern @ --:--:-- JST |
  2. スポンサー広告 |
  3. comments(-) |
  4. trackbacks(-)

春雨が通り過ぎてくマンホール

タナカヒロシのすべて”を観た。


主演は、アジアアフリカ語大学トラヴィダ語学科卒であられる鳥肌実閣下。

ほかの出演者も曲者ばかり。
ストーリーの中で次々に登場しては消えていので、そちらにも目がいってしまう。

昭和のいる・こいるがカツラ職人に。
島田珠代の表情は反則。
伊武雅刀の説くテルミンと俳句の会、略してテハの会ってワケワカラン。
ああ、小倉一郎がめずらしく弱々しい役じゃない。
挨拶がさわやかな寺島進、悪人役だけど。
ほかにもいっぱい。


平穏な暮らしから一転、次々と波乱に巻き込まれていく様は興味深い。

部屋にあった(たぶん小学校のときからそのまま使っているであろう)学習机なんかに象徴されるように、何事にも無頓着。
公式ウェブサイトにはタナカヒロシにまつわるエピソードが掲載されていて、本編に全く登場しない詳細設定にニヤニヤしてしまう。

きっといいことありますよ。

スポンサーサイト

  1. posted by anothern @ 00:51:29 JST |
  2. お気に入り |
  3. comments(0) |
  4. trackbacks(2)

この記事に対するコメント

コメントする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cstmtdc.blog3.fc2.com/tb.php/109-55f2476a

■「タナカヒロシのすべて」監督・田中誠■
監督:田中誠出演:鳥肌実、ユンソナ、宮迫博之、高橋克実、市川実和子、小島聖、西田尚美、加賀まり子内容:田中宏は32歳、カツラ工場に勤めるサラリーマン。   会社での人付き合いがすこぶる悪い彼は、プライベートでも無趣味で恋人もいない。   家に帰れば両親から

  1. 2005/05/23 Mon 16:48:38 |
  2. Entertainment Pathfinder

■島田珠代■
島田珠代島田珠代(しまだ たまよ、1970年5月10日 - )は、日本の喜劇女優。吉本興業所属。吉本新喜劇の代表的女優として1990年代初め頃から頭角を現した。吉本興業の東京進出攻勢に乗り、山田花子 (タレント)|山田花子と共に全国的に名前を知られるよう

  1. 2007/09/07 Fri 05:30:44 |
  2. みほの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。