スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. posted by anothern @ --:--:-- JST |
  2. スポンサー広告 |
  3. comments(-) |
  4. trackbacks(-)

Nesat

オマイラ、マターリとした夕暮れですよ。

今日は、Nesatこと台風4号の影響によるうねりはそのまま、風も穏やかで気持ちよくサーフィンできた。


ところで、Nesatとはどこから名づけられたものか。

気象庁によると

台風には従来、米国が英語名(人名)を付けていましたが、北西太平洋領域で発生する台風
防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本ほか14カ国が加盟)は、平成12年
(2000年)から、北西太平洋領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の
名前(加盟国の言葉で動植物や自然現象に関係する名前)をつけることになりました。

平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、
発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻ります。
台風の年間発生数の平年値は26.7個ですので、おおむね5年で台風の名前が一巡する
ことになります。



あらかじめ140個も用意されてるとは知らなかった。

14にもおよぶ国に共通するのは、名前の意味が美しさ/力強さを連想させること。
なぜか米国だけ「徘徊」とか「人名」とか入ってるけど。
きっと、それぞれの国で由来があるのだろう(と思いたい)。
Nesatはカンボジア語で「漁師」の意味。

日本では番号方式が普及しているけど、世界的にはリスト方式(上記のようにNesatと名前をつける)が一般的。

オマイラ、次の台風はHaitang、意味は「野生リンゴ」ですよ。

スポンサーサイト

  1. posted by anothern @ 18:33:28 JST |
  2. ひとりごと |
  3. comments(0) |
  4. trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cstmtdc.blog3.fc2.com/tb.php/131-fbe89abd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。