スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. posted by anothern @ --:--:-- JST |
  2. スポンサー広告 |
  3. comments(-) |
  4. trackbacks(-)

郵便事故

すっかり慣れてきたヤフオク

先日落札された商品を封書で発送して、落札者にその旨をメール送信。
連絡から入金まで速やかな取引だったので、非常に良い評価とコメントも残した。



その3日後、落札者からメール受信。

お礼をメールで送っていただくとはご丁寧に・・・






「まだ届いてないのですが」






( ゚д゚)ポカーン


Σ(゚д゚ )ハッ!!!


詐欺?

そういえば、ポストに投函して送ったから発送の記録がない。
落札者に不着と言われれば、こちらの立場は弱い。

念のために落札者の評価/履歴をカナーリ慎重に見たのに、まさか・・・
きっとただの遅配・・・
でも3日も経ってる・・・

いろんな思惑がグルグルと。


さっそく、投函したポストを受け持つ郵便局に連絡。
事情を説明して、調査してもらうことに。

あわせて、落札者には平身低頭に不着のお詫びと調査依頼の旨をメール。
詐欺かもしれないけど。



翌日。

今度は、配達先の住所を受け持つ郵便局から連絡。






「無事ご本人に配達いたしました」






ああ、よかった、よかったよ。


郵便局の人、平謝り。
遅配のはっきりとした原因は不明なものの、よその集配局に紛れ込んでいた可能性があるらしい。
このような郵便事故は意外に起こりうる


落札者の人、疑ってしまって本当にごめんなさい。

大事なものには発送/到着がきちんと確認できるものが必要だってこと、ちゃんとわかりました。
今度からは、封書には書留を使います。

スポンサーサイト

  1. posted by anothern @ 13:11:15 JST |
  2. 事件 |
  3. comments(0) |
  4. trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cstmtdc.blog3.fc2.com/tb.php/139-99e8aff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。