スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. posted by anothern @ --:--:-- JST |
  2. スポンサー広告 |
  3. comments(-) |
  4. trackbacks(-)

現実の世界での自分とバーチャルな世界での自分の区別

インターネット依存症とは、メール/チャット/匿名掲示板などに極度にはまる症状。

インターネット依存症の場合、現実の世界での自分とインターネット上のバーチャルな世界での自分の区別がつきにくくなってくる。
その結果、インターネット上で作り上げた自分の虚像を現実の世界に持ってきて、混同してしまう。

治療にあたっては、コンピュータに向かう時間を制限し、最終的にインターネットの使用時間を1日2時間程度に抑えるようにするとのこと。


・・・
これで根本的に解決できるとは俄かに信じられない。

インターネット上での虚像を作り上げたのは、現実の世界での実像に生じた歪みが原因ではないかと。
コンピュータへの依存を断ち切ったところで、歪んだ実像は治っていないはず。
実像に対する治療も必要ではないのかな。


まあ、現実の世界での実像は、程度の差はあれ誰でも歪んでいるわけだが。
どんなに澄ました顔の君だってそう。

スポンサーサイト

  1. posted by anothern @ 02:44:07 JST |
  2. ニュース |
  3. comments(0) |
  4. trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cstmtdc.blog3.fc2.com/tb.php/200-2ed1ddd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。