スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. posted by anothern @ --:--:-- JST |
  2. スポンサー広告 |
  3. comments(-) |
  4. trackbacks(-)

The Man Date

CUBE New Yorkというwebzine(って最近聞かない言い方だけど、そう名乗ってる)で、The New York Times/ニューヨークタイムズの4/10の日曜版の記事が特集で取り上げられていた。



その内容は、

ストレート(ゲイではない)男性が2人で出かける場合、デートだと思われないためにいかに周囲の目を気にしなければならないか

というもの。



あまりに興味深いので、原文を読んでみた。

Dining together across a table without the aid of a television is a man date; eating at a bar is not.
Taking a walk in the park together is a man date; going for a jog is not.
Attending the movie "Friday Night Lights" is a man date, but going to see the Jets play is definitely not.



文化的に多少の相違があるけど、ほとんどの人は同意するだろう。
MOMAに男性2人で入館しても、館内ではお互いよそよそしく、また知識もほとんどないように振る舞って、その後はバーに直行。
周囲の目が自分たちの居心地を悪くさせる。



僕は男性2人でもほとんど気にならない。
むしろ、男性2人だからこそカコイイと思いたい。
たしかに、Il Mulinoに男性と行こうなんて思わないけど、散歩くらいなら全く厭わない。
20代後半に入ってまもなくの頃、むやみに10㌔近く歩いたりしたことも。
2001年の大晦日の夜には蕎麦屋で向かい合っていた、しかも僕は黒いマニキュアをして。


The ritual comes particularly into play for many men after college, as they adjust to a more structured, less spontaneous social life.
なんて、現実社会の懊悩を男性同士で共有したいという人はきっと多いのだろう。


ただ、Mr. Toohigが
"the conversation is more in-depth than you can have at a bar."
と言うように、飲みながらの会話は勢いにまかせて表層的になりがち(なのは僕だけ?)。
だから彼はMr. Meyerと定期的に夕食をとっている、僕と同じように。



Prof. Peter Nardiの考察によると、
But the opportunities to get close to another man, to share and talk about their feelings, are not available after a certain age.


僕にとってその年齢はいくつなのか。

スポンサーサイト

  1. posted by anothern @ 02:35:36 JST |
  2. ひとりごと |
  3. comments(0) |
  4. trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cstmtdc.blog3.fc2.com/tb.php/81-84c3f9e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。